読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a大学生の日記

将来に悩みながら日々勉強行動している大学一年生のぶろぐです。学だことを日常にからめて発信していきたいなと思います。志は改善。

承認欲求っていけないものなのかな。

承認欲求って求めてもいいと思う。

 

 

アドラー心理学について書かれている「嫌われる勇気」という本に、承認欲求を求めてはいけないと書いてあった。

 

 

しかし、僕は、条件付きで承認欲求を求めてもいいと思う。

 

 

 

その条件とは、承認欲求を満たした次に何をしたいのか決めてある、ということである。

 

 

承認欲求にとらわれてしまうと、他人の評価ばかりを気にしてしまい、他人から承認されることが目的の人生になってしまう。

そして、いつしか他人の価値観の中の人生を歩むことになってしまう。

 

そうではなく、自分のしたいことをしながら、自分の人生を生きながら、承認欲求を満たしていくべきだと思う。

要は承認欲求の虜にはならない程度に、承認欲求を満たせばよいのではないか、ということである。

 

 

その根拠として、

マズロー欲求段階説を見てもわかるように、承認欲求はある程度は満たさないといけないようである。

 

また、子供に対して承認欲求を求めるなというのは、つまり褒められたいと思うな、というのは酷だと僕は思う。

 

 

承認欲求を

アドラーは、求めるなと言い

マズローは、より高次に到達するためには、必要だという。

 

 

僕の意見としては

承認欲求にも満たされつつ、自分の人生を歩んでいけばいいのかな、と思う。

そしてそのためには、自分の価値観を、自分の生き方を確立することが大切なのではないかと思う。

 

 

なんか論文調になってしまいました(笑)